産業用太陽光発電

現在太陽光発電に大きな注目が集まっています。2011年の東日本大震災をきっかけに原子力発電への不信感の増大や原子力発電所の運転停止による電気代の高騰など電気を取り巻く環境が大きく変化し、新たな形の電力供給が求められるようになったことから多くの人が太陽光発電システムを導入するようになって来ました。

その動きは個人だけでなく企業でも広がっており、多くの企業が産業用の太陽光発電システムを導入するようになったといいます。

こうした動きを受けて産業用太陽光発電を販売するメーカーも売り込みを積極的に行うようになるなど業界内でも今回の世間の動きに乗り遅れないよう気合を入れているようです。

産業用太陽光発電システムは一般家庭で利用されているものとほとんど変わらず、ただ規模が大きくなっているという違い以外はシステム自体に大きな違いはありません。

違いがあるのはそれを取り巻く環境で、産業用太陽光発電にのみ適用される減税制度や売電売電の設定など一般家庭向けの太陽光発電システムとはまた違った取り決めがなされています。

これから太陽光発電システムを導入しようと計画している方はこうした数々の精度についてよく確認しておかなければ余計なトラブルに巻き込まれる可能性もあるので注意しておきましょう。